お・も・い・で  「がまごおり はなび」

息子は、七日ごとに、あの世で生前の罪を裁く審判を受けているようですが、それが、いよいよ3月17日に終わります。すべての審判が終わった息子の魂は、この世から離れてあの世へ旅立つのです。人一倍思いやりのあった彼は、きっと、あの世でも同じように優しく振る舞うことができると思います。思いがかなうなら、もう一度会いたい。。。。。


今日は、息子ファミリーと花火大会へ1度だけ行ったことがありますので、大切な思い出としてアップします。
『たまには、僕たちも誘ってよ~』と、彼からせがまれて行った先は、「蒲郡まつり 納涼花火大会」でした。4年前の平成26年7月20日です。2時間前からの場所取りは、小学生の孫には少々酷な話。彼と嫁は屋台を廻ったり、お化け屋敷へ行ったりして時間をつぶしたようでした。(そんな体験からでしょう、2度目に誘ってくれとは言いませんでしたよ)

140720_195156.jpg

140720_200248.jpg

140720_203510.jpg



蒲郡花火は、「正三尺玉」の花火が3発上がることで知れ渡っています。直径90センチの花火玉が東京スカイツリーよりも大きな花火となって夜空に広がります。「どし~ん」とも「ずし~ん」とも表現したいような大音響です。息子ファミリーも2時間の待ち時間を忘れてしまったように大歓声を発していましたよ。






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント