気ままな時を・・・

気ままな小父さんが、花・花火・紅葉・イルミネーションを中心に楽しんで撮っています

おじさん3人の旅・世界遺産「富岡製糸場」編

11/20(月) 予定通り8時30分出発。「富岡製糸場」までは遠い道のりではありません。蒟蒻芋の収穫風景を眺めたり、特産品の『下仁田ネギ』畑を眺めたりの道中ですよ。とりわけ、蒟蒻芋につては、シェアが97㌫近くあるそうで“群馬県産”以外の蒟蒻はないに等しいですねぇ。本題の「富岡製糸場」ですが、国が建てた大規模な器機製糸工場で、長さが約140㍍ある操糸所には300釜の操糸器が並び当時の製糸工場としては世界最大規模だったとか。
赤レンガ造りの建物は、なんとなく明治・大正期の郷愁を誘う味がありますよ。私は、あの独特の温かみや素朴さが好きですねぇ。
専門家が挙げた“一度は訪れてみたい赤レンガ建築”というリストがありました。東日本については。。。。。
①富岡製糸場  ②東京駅  ③横浜新港埠頭倉庫  ④北海道庁旧本庁舎  ⑤めがね橋を主とした碓氷峠鉄道施設
私たちは、2ヶ所を目の当たりにしたわけですねぇ。


正門です。
171120_094310.jpg

遠足でしょうか? 小学生の集団を見かけました。
171120_102519.jpg

フランス人の計画書をもとに建設されていますから洋風の建築物ですねぇ。
171120_101508.jpg

171120_101415.jpg

171120_095550.jpg

171120_101106.jpg

フランス式操糸器を使った操糸作業の再現を見ることができます。
171120_102723.jpg

171120_095455.jpg

富岡製糸場をあとにして、群馬県を代表する山のひとつ「妙義山」へも立ち寄ることができました。日本三大奇勝のひとつとて荒々しい岩肌が作り出す美しさが特徴です。碓氷峠からも見ることができますが、近くで見る妙義山は特別ですよ。
171120_124449.jpg

妙義山で午後1時すぎまで時間を費やし、帰路は佐久から新和田トンネルを経由し諏訪インターまで下道走行です。『ドライブイン おぎのや諏訪インター店』に寄って『峠の釜めし』を土産として買ったことは、言うに及ばずですよ。
171119_115200.jpg


今回の“おじさん 3人の旅”、ひとり旅か多い私にとって新鮮でした。計画から会計までお願いできた〇○さん、群馬県人とはいえ殆ど運転をしてもらった〇○さんに感謝です。私はと言えば、外の景色を眺め、「めがね橋」へ行こう! 「峠の釜めし」を食べたい! 土産にもしたい!。。。。。で、お金はいくら? これですよ(笑) ひとり旅では、こうはいきませんからねぇ。身近な人は、私の“気まま”さをよ~くご存じの様子。 また、こんな“旅”がしたい。。。。。。










スポンサーサイト

おじさん3人の旅・アプトの道編

「アプトの道」は、アプト式鉄道時代の廃線敷を利用して、横川駅~熊ノ平駅間の約6㎞を遊歩道として整備されました。国の重要文化財である旧丸山変電所をはじめ、3つの橋梁と10のトンネルがあり、めがね橋を代表する鉄道煉瓦構造物群などの碓氷峠鉄道遺産に触れることができます。私たちおじさん3人は、全行程は遠慮(笑)して、めがね橋をスタート地点に横川駅までの5㎞弱を約2時間かけて散策してみました。期待していたよりも(?)観光客は少なかったですねぇ。めがね橋で1時間近く自由行動をとりましたよ。2人は撮る人、1人は絵を描く人。。。。いろいろですねぇ。

5号トンネル内からめがね橋の上を撮ります。
171119_125334.jpg

171119_125240.jpg

171119_132119.jpg

171119_133052.jpg

171119_132756.jpg


中央の2本の平行線は、信越線の線路です。線路はそのままの状態にしてありますよ。アプトの道は、左方向へ折れます。写真手前方向が横川駅。
171119_140715.jpg

煉瓦造りの旧丸山変電所で国の重要文化財です。ここから、我々の目的地である横川駅まで、約1.6km。30分の道のりです。
171119_142239.jpg

横川駅到着後、再度マイカーを利用し宿泊地の「磯部温泉 雀のお宿磯部館」へ。遠い距離ではないですが、コンビニで“仕入れ”をしたりで(笑)1時間近くかかりましたよ。磯部温泉は、民話『舌切雀』とあの温泉マーク発祥の地として知られますよ。
おじさん3人が一晩お世話になった「雀のお宿 磯部館」
171119_174949.jpg


明朝7時30分 朝食。8時30分「富岡製糸場」めざし出発予定です。







おじさん3人の旅・碓氷峠 めがね橋編

「めがね橋」にたどり着くまでの6時間の道のりを簡単に。。。。。11/19早朝、取りあえず中央道岡谷ICめざし出発!
岡谷ICまでの往復は高速を走りますが、それ以外はゆっくり“下道走行”。「和田峠」は、中山道最大の難所と言われ標高1,531㍍あり、峠の頂上には昨夜降った雪がありましたよ。スタットレスタイヤのおかげで難なく峠越えができましたねぇ。佐久平、軽井沢を通り過ぎると「碓氷峠」にさしかかります。横川までは下りが続きかなり厳しい峠です。「横川駅」到着は、予定通りお昼前。楽しみにしていたのは『峠の釜めし』。ここへ来たら必ず食べますよ、日本一の人気駅弁だと思っています。さて、食べ終えたあとは、車はパーキングに止め、タクシーで「めがね橋」へ。料金は、三人で割ればひとり分が800円もしないとか。(私は、運転のみならず、お金の管理も × ですから、すべて“おんぶにだっこ”です。)
横川駅からタクシー10分程度でめがね橋到着。目の前に高さ31㍍、長さ91㍍の巨大な「碓氷第三橋梁(めがね橋)」がそびえています。 
171119_123737.jpg

171119_123211.jpg

171119_123556.jpg

橋の上に上がってみましょう。
171119_124058.jpg

171119_125834.jpg

171119_124939.jpg

左側奥の方へ進むと終点「熊ノ平」です。
171119_130732.jpg


「めがね橋」から終点「熊ノ平」までは25分くらいかかるようです。 そして、同じ道を折り返すことになるので我々は止めて、横川駅まで散策することに。。。。。。

次回は、「アプトの道」の写真です。





碓氷峠アプトの道散策 & 世界遺産『富岡製糸場』見学 ダイジェスト編

タイトルが長くなりますので、以下「おじさん 3人の旅」とします(笑)。11/19と11/20は、日ごろからご指導を賜っている“おじさん2人”とともに、長野県から群馬県まで出かけてきました。運転に自信のない私は、もっぱら景色を眺める役目。。。。。(涙)

取り敢えず、“行程表擬き”です。
三人旅


この「おじさん3人の旅」は、明日以降、「碓氷峠 めがね橋」、「アプトの道」そして、「富岡製糸場」に分けてアップ予定です。






ライトアップ 岩屋堂

岩屋堂のライトアップは、19日(日)まで。散策ルートの各所には竹のあかりアートが配置され、こちらも幻想的な光景が広がりますよ。

171115_173113.jpg

171115_181937.jpg

171115_171727.jpg

171115_173904.jpg

171115_172713.jpg


11/19と20の一泊二日で「碓氷峠 アプトの道散策 & 世界遺産『富岡製糸場』見学」の旅に行きます。秋のめがね橋はまだ訪れたことがありません。また、富岡製糸場では、赤レンガ建築独特の素朴さを目の当たりに見てみたいと思い、どちらも、非常に楽しみにしています。アップできるのは、22日くらいでしょうか。





 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

気ままな小父さん

Author:気ままな小父さん
気ままな時を・・・にようこそ!
 
☆今年のテーマを漢字一文字で表現 『続(つづける)』
今年9月で満6才になるこのブログです。
難しいですが、四季を感じる写真を撮り続けたいと思っています。

一度でも立ち止まったら再起不能になりそうな自分がいます。
・・・“継続は力なり”・・・

最新記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

フリーエリア

にほんブログ村に参加しています。“ポチッ”とお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

にほんブログ村

FC2カウンター

いつも見ていただいて、ありがとうございます。 “拍手”をクリックして下さると励みになります。

カテゴリ

未分類 (0)
酔芙蓉 (36)
花 (263)
富士山 (29)
名鉄 (91)
JR (41)
新幹線 (18)
私鉄 (29)
旅 (78)
瀬戸の風景 (32)
四季の風景 (77)
水のある風景 (14)
お月さま & お天道さま (15)
愛岐トンネル群 (17)
イベント (171)
イルミネーション (53)
花火 (89)
夜景 (8)
ファミリー (24)
昆虫 (3)
動物 (8)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん